1. HOME
  2. お知らせ
  3. 遊水地ふれあい大会の新型コロナ感染対策について

遊水地ふれあい大会の新型コロナ感染対策について

遊水地ふれあい大会、日本学生スプリング大会に出場する 選手の皆さん、スタッフ関係者の皆さんへ

新型コロナウイルス感染防止対策として以下の事項を守る様お願い致します。

■共通対策

○体調管理
・大会2週間前(5月10日)から体調管理をおこなって下さい。大会前日(5月22日)に指定の健康チェックシートに結果を記入下さい。(当てはまる項目全てに「✔」をしてください)
・応援者は選手1名につき1名でお願いします。選手同様、大会2週間前(5月10日)から体調管理をおこなって下さい。大会前日(5月22日)に選手に配布した応援者用健康チェックシートに結果を記入下さい。(当てはまる項目全てに「✔」をしてください)
・大会会場に来られる方は全員、事前にCOCOAのインストールをお願します。

健康チェックシート(リンク)

○競技説明会
・事前にオンライン競技説明会を、群馬県トライアスロン協会のホームページで公開します。必ず視聴して大会に関する情報・諸注意を確認して下さい。
・オンライン動画の最後にキーワ-ドを表示します。視聴した確認として、誓約書にキーワードを記入して下さい。

○大会当日(5月23日)
・選手と応援者は、それぞれの受付で健康チェックシートを提出し、その場で検温を受けてください。選手は同時に誓約書も提出して下さい。検温結果が37.5℃以上 またはチェックシートの健康状況に懸念があれば、参加を控えて頂く場合があります。
・大会会場には水道設備がないため、また密集を避けるため、同封のボディ-ナンバ-シールを事前に貼ってきて下さい。また、レースウェアも事前に着て来てきるようお願いします。
・大会会場では、応援者スタッフを含め全員が必ずマスクを着用して下さい。(競技中の選手は除きます。)
・開会式、表彰式、閉会式は、大会会場アナウンスで行います。
・タオルなどの貸し借り、飲料の回しのみはしないで下さい。
・応援者やコーチは、大声での声援、指導などは行わないで下さい。拍手による静かな応援をお願いします。スタ-ト前のチームでの円陣や気合掛け声を禁止します。
・競技終了後に使用する更衣室は個室テントを準備しますが、数に限りがあります。必要な場合、極力持参するようお願いします。

■選手対策

○スイムスタート
・入水直前までマスクを着用して下さい。ウォームアップ入水直前にマスクを指定のごみ箱に捨ててください。ウォームアップ後は、配布する個別包装マスクをして、ソーシャルディスタンスを保って待機してください。
・スタートの準備ができた選手からスタートエリアに5列に並び5秒間隔のローリングスタートをします。

○エイドステーション、フィニッシュ
・ランエイドステーション・フィニッシュエイドステーションにて未開栓のペットボトルを机に置きますので選手が自ら取って下さい。飲み終えたペットボトルとフタは指定のごみ箱に捨ててください。
・選手間のペットボトルの回し飲みを禁止します。
・フィニッシュ後、個別包装マスクを配布しますので呼吸が落ち着いたら速やかに着用をお願いします。
・フィニッシュ後は、本部会場付近に留まらず速やかに散会するようお願いします。
・記録(リザルト)は、後日群馬県トライアスロン協会のHPに掲載します。

○大会後
・大会後、2週間以内に新型コロナウイルス感染症を発症した場合、必ず群馬県トライアスロン協会へ連絡をお願いします。健康チェックシートは、大会後2週間保管します。

遊水地ふれあいトライアスロン大会実行員会

お知らせ

お知らせ一覧